ゼロぐらいから始めるミニ四駆の人のブログ(本物)

「ゼロぐらいから始めるミニ四駆」のMasaruKunのブログです。 ミニ四駆の話を中心に色々書いて行くかもしれません。

DMMの「オリジナルスマートフォンケース」サービスでミニ四駆タグケースを作ってみた

エロのイメージが強いDMMですが、
最近は艦これやら3Dプリントやら様々なサービスを行っています。

bandicam 2013-12-07 01-09-34-369
http://make.dmm.com/special/smartphonecase/

その中の一つ、画像を送るだけで簡単にオリジナルスマホケースが作れるという
「オリジナルスマートフォンケース」サービスが気になったので利用してみました。
送料込で980円と大変お安い!


どうせなら面白いの作ろうかと思いまして・・・

IMG_2819

ホライ前のタグをスキャンして・・・


レイアウト


ゴミ取りやらトリミングやら加工してからデータを送って・・・


IMG_2822

待つ事数日、ケースが到着しました!思ったより早かった!


IMG_2813

元になったタグと。色々と補整していますが、
クリアケースを選択した為か、やや発色が悪いです。


IMG_2814

印刷表面はややザラついていて非光沢。
一部に埃が混入しちゃってますが、価格的に許容範囲かなぁ。
 

 IMG_2816

カメラ用の穴周りには印刷のバリがあります。削れば消えるレベル。
ちなみに、何故、発色の懸念があったクリアケースにしたかと言いますと・・・


 IMG_0355

iPhone5s Goldに機種変したから!!


IMG_0360

IMG_0359

装着するとこんな感じ。非常に満足の行くサービスでした。

もう少し価格が上がってもいいから、
表面処理がもっと綺麗になるオプションとかあるとうれしいかも。

 
ちなみに一度サービスに出したデザインは、マーケットに出品して販売できるそうです!
さすがに今回のは出品したらマズイ系な気がしてならないので出品はしませんが、
「ゼロぐらいから始めるミニ四駆」風にパロったケースとかあったら欲しい人いますかね?

需要あったら作って出品しようかな!!

 

海外のミニ四駆動画:インドネシア編

ミニ四駆は海外、主にアジア圏でも日本同様に根強い人気を保っています。

先日のタミヤフェアでも、海外から代表選手が参加していましたが、
Youtubeを通じてインドネシア代表選手とコミュニケーションする機会があったので、
インドネシアのミニ四駆動画をご紹介。

 bandicam 2013-12-06 19-55-49-527
http://www.youtube.com/user/TeamFlazh/

インドネシアのミニ四駆チーム「TeamFlazh」のYoutubeチャンネルです。




海外代表選手は、タミヤフェア前日から田宮社内見学等の観光コースが組まれているのですが、
この動画では海外選手向けに放映された会社紹介動画等が拝めます。






引き続きタミヤフェアの動画。
海外選手からの視点から見る日本のレースは一味違うものがあります。
この動画に少しだけデータ提供しました。






実はインドネシアにもある公式5レーンコースでの大会動画。
ただ、公式5レーンのスロープが無いみたいで、
立体セクションがすごい事になってますw


その他にも興味深い動画が沢山アップされているので、みんなで見よう!

 

個人的に好きな動画紹介「The Angry Video Game Nerd」

日本語に訳すと「怒れるビデオゲームオタク」通称AVGNです。

 AVGN-Header

内容は、ナードに扮するジェームズ・ロルフが世の中のクソゲーや理不尽なゲームを
紹介しながら怒りをぶつけまくるという物。 褒めるときは褒めるw(ナード=オタク) 

ただ単にボイスナレーションのみで紹介するのではなく、
体当たりな演技で怒りをあらわにするのが面白いですw

主にレトロゲーのレビューとなるので、
ゲームセンターCXとか好きな人はハマるんじゃないでしょうか!

ゼロぐらいから始めるミニ四駆で、この動画にやや影響を受けている部分があります。

オリジナル版は英語音声のみですが、
ご丁寧にファンが日本語字幕を付けた動画がほぼ全エピソード公開されています。 

2013年11月29日現在、115エピソード+αが公開されており、
個人的に好きなエピソードを幾つかご紹介!

 






















「KOPEN future included RMZ/XMZ ミニ四駆」当選しました

KOPEN future included RMZ/XMZ オリジナルミニ四駆プレゼントキャンペーン
というのが現在開催されているのですが、当選した商品が届きました。

 IMG_2763

外箱は二種類存在し、僕が当選したのはRMZ版でした。




IMG_2765

側面テキスト




IMG_2768

ちゃんとITEM NOが振られており、
ITEM 92260-000 だそうです




IMG_2766

IMG_2769

背面にはRMXとXMZが。




IMG_2770

開封するとこんな感じにボディが二種入っています。




IMG_2772

タイヤにはDAIHATSUとTAMIYAの印刷。




IMG_2775

RMZボディ。




IMG_2778

XMZボディ。
ラメが入っています。




IMG_2783

ステッカーはこんな感じ。
XMZの方がシールが圧倒的に多いです。




IMG_2788

IMG_2787

マニュアルは共通となっています。




IMG_2780

シャーシはVSです。
ちなみに1番でした。




IMG_2791

当選通知。
キャンペーンはまだ行われていますので、まだ当選していない方は頑張りましょう!




IMG_2388

IMG_2387

IMG_2390

IMG_2389

タミヤフェアで撮った写真。
今回の懸賞品と一部仕様が異なりますが、一般販売も行われます。






ちなみに、KOPENのプロモーションPVというのがあるのですが、
ミニ四駆がちらっと登場しますので見てみよう!


 

「PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth」観てきました

IMG_2509

個人的には「原作再現を楽しむアニメ」です。

監督がペルソナ4アニメの岸誠二監督では無いのが気がかりでしたが、
そんなことは気にならず、純粋に楽しめました。
ペルソナ3独特のダークな雰囲気やゲーム感も上手に再現できていたと思います。
ゲームやってたらニヤリする演出が随所に詰め込まれています。

ゲームのペルソナでは、ドラクエの様に「主人公=あなた」というコンセプトがあり、
シリーズ通して主人公は無口なイメージがあります。

特にペルソナ3の主人公はそれが強いのですが、
ちょっとキャラのイメージが違ったかな~と感じました。
こればかりは人によって意見が異なるかな。アホのイケメンすぎたw
個人的には、もう少しクールな印象。

今回の映画は第一章という事で、
シナリオ的には、原作ゲームの冒頭10~15時間程度の部分が映像化されています。

決してつまらなくは無いのですが、淡々と物事を追っていく感じが非常に強く、
途中で休憩したくなってきます。また、ラスト部分もやや盛り上がりに欠けます。

TVシリーズとしてみれば全く気にならないのですが、映画として見ると・・・という感じです。

そんな感じで第二章は来年夏だそうです。待ち遠しいですね!




IMG_2512

来場者特典は「ミニ色紙」と「スーパーP3シール」

「スーパーP3シール」は見ての通り、
ビックリマンのイラストを描いている方が書いています。
ある意味本物!




IMG_2516

裏面はこんな感じ。

「スーパーP3シール」ですが、入場時に3枚1セットでもらえるのですが、
なんと種類が全29種類w ちょっと多すぎませんかw

集めるのが大変そう。
集める方はがんばってください!(くまがいゆうき風)







そういえば、ペルソナ関連のゲームも沢山出るみたいですね!
ペルソナ5も出るみたいで非常に楽しみです!











 


人気になりたいです
Twitter
4月からレベルデザイナー!ビデオゲームのお仕事をやっています。カットシーンとかよく作ります。PS2後期頃からゲーム業界で這いつくばっています。 趣味はゲーム、DJ、ミニ四駆、ラジコン、アニメ、映画など。
最新記事
適当に更新されるAmazonバーゲン情報



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ